セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 目標とされる会社になろう 』 代表取締役社長 大原

0
    profile_ohara.jpg



    先日、久しぶりにお会いした社長に言われました。
     

    「実は、うちが会社を創ったときに、、
    御社を意識しました。」、、と。


    凄く嬉しい言葉を頂いたとともに、
    何だか自分達のスタートの頃を思いだしました。






    私達がまだ20〜30名だった頃、、
    いくつかの会社を意識し、憧れ、目標にしてきました。
    特にインテリジェンスさん、フルキャストさん。


    当時、人材業界の中では破竹の勢いで伸び続け、
    メディアなんかにもバンバン露出し、
    どちらも強烈にカリスマ性のある社長でした。


    あんな会社になりたい、、
    あんな社長になりたいと強く思っていました。


    両社と一緒に仕事をさせていただく中で、
    社長という器に絶望的な差を感じたり、
    社員のレベルの高さに驚かされたりと、
    一生この会社には追いつけないだろうと、
    諦め状態でした。


    でも、
    いつか追いついてやる、追い抜いてやるという
    根拠のない自信とギラギラした想いだけは、
    持ち続けて頑張ってきました。






    うちの会社を意識したと言う
    社長にこう聞きました。
     

    「なんで、、うちなんですか??」、、、と。


    「それは、御社の新卒社員だった中山さんです。
    新卒の彼女の営業姿勢を見て、
    自分で起業するなら
    こんな社員がいる会社を創りたいと素直に思いました。」



    と、そう答えてくれました。






    この社長は、
    もともとはうちのクライアントの担当者でした。


    この話を入社して
    10年を超える中山本人に話しをすると、、
    ボロボロ涙を流して喜んでいました。


    そう言って頂けると、
    本当に今まで頑張ってきた甲斐がありました、、、と。






    最近、少しずつですが、
    こういった声を聞くようになりました。

     

    「御社を目標にしています。」
    「御社をベンチマークしています。」、、、と。


    その目標となるきっかけは、、
    だいたいうちの社員が、、というのが多い
    です。






    大してカリスマ性をもっていない私や
    役員陣ですので、あんな社長になりたい、、
    そう思われることはあまりありません。


    ただ、こうやって働いている社員がフォーカスされ、
    こんな社員のいる会社を創りたいと
    思っていただいけていることが凄く凄く嬉しく感じますし、
    会社を大きくしてきて本当に良かったな、、と感じます。


    今までたくさんの会社を目標にしてきた自分達が、
    逆に目標とされる立場にもなったんだと思うと、
    少し、感慨深いものはありますが、
    ここまで一緒に会社を創ってくれた社員を
    誇りに思うとともに、
    その会社のトップとして更に責任を感じます。


    ただ、あの頃自分達で描いていた未来の会社像には
    程遠いものを感じています。


    自分達が自分達のビジョンを素直に追いかけて、
    そして達成をし、
    それこそたくさんの会社からベンチマーク、
    目標とされる会社になれるように
    まだまだ成長していきたいと思います。







    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM