セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 トレーニングするな 』 SA事業部 東日本営業部 部長 古谷

0




    今年も健康診断で
    ALL「A」判定の異常なし。

    毎年、ウォッチしている
    体脂肪率も10%未満!!

    問題なかった。


    食事制限は全くしておりません。

    昼食を一緒に行った方なら
    知っていると思いますが、

    かなり、食べます。
    必ず、大盛りか、おかわり。

    夜も帰宅が遅くなると、
    寝る直前に大盛りを
    食べています。
    (ここはボチボチ考えないとですが…)



    早々に秘密を明かしてしまうと、

    僕が学生時代から
    体型を維持できているのは、

    日々の「3分ストレッチ」のおかげ。





    基本的に継続が苦手なので、

    社会人になってから

    本格的に筋トレをしようと決めたことが

    何度かありましたが、

    1週間続いた記憶は無く、ほぼ三日坊主。

     

    また、出張で移動が増えたので

    移動時間に英語を勉強しようと、

    携帯に英会話をダウンロードしても
    数回聞いて、終了。

     

    日米通算
    4000本安打を達成したイチロー選手が、

    「小さいことを重ねることが
    とんでもないところに行くただ一つの道だ」

    と、あのスーパースターが
    「継続」の重要性を訴えているのに…

    続けられない。





    社会人というのは、

    仕事で予想以上に生活のリズムが崩れやすく、

    疲労の波も予測不能。

    それだけ新たに何かを継続する事が、

    非常に困難な立場なんだと思います。



    加えて人間って、



    ・即効性のない努力は続かない

    (1時間全力で走ったら1kgやせる、とか
    立証されてたらやるのに…)



    ・生活リズムの変化を嫌う

    (英語の勉強、トレーニングetc.
    全部多くの時間が必要ですよね…)



    ・我慢せず「楽」な方を選んでしまう

    (禁煙、食事ダイエットetc.
    成功例の方が圧倒的に少ない…)



    ことのつまり、上記のような生き物なんです。

    だから続きようがない。







    でも僕が体型を維持できている理由である、

    「3分ストレッチ」は継続しやすいんです。







    重要なのは

    「トレーニング」では無く「ストレッチ」

    であるということ。







    僕の勝手な解釈ですが




    「トレーニング」とは、
    生活のリズムに大きな変化を
    与えなければいけない行為。



    たとえば、ジムに通い、
    ジャージに着替える面倒くささ、

    筋トレは、目標回数をするプレッシャー、

    との戦いであり、時間も必要。



    よって、帰宅時間が遅くなったり、
    仕事が忙しく疲れていると、

    「疲れているから今日だけはやめて、
    明日から継続しよう」



    継続を止めてしまう原因だらけのモノ。





    「ストレッチ」とは、

    日常生活に少しだけプラスアルファする行為。



    たとえば、朝晩の歯を磨く際に
    1分間を2回背伸びをする、

    お風呂で体を流す際に
    20-30秒間空気イスをする、

    お風呂上りのパンツをはく前に
    20-30秒間屈伸、前屈をする。

    歩くときは大またで歩く。



    特に疲れていれば、
    背伸びの1分間を10秒でもいい。

    空気イスの20-30秒間を5秒でもいい。



    と考えているので、
    なんのプレッシャーもなく

    自然に体が動き、継続できてしまうモノ。







    この考え方は、

    学生時代にボクサー級の腹筋をしていた友人に
    教えてもらった。



    彼の凄い腹筋を見て驚き、

    どんなトレーニングをしているのかと聞くと、

    「腹筋を1日も休まず、
    5年間継続しているから」
    と言われた。



    5年間継続するって凄いなと思い、
    継続できた理由を聞くと、

    「1日たったの3回しか腹筋をしない日も多いよ。

    1日100回とか目標を決めなければ、
    継続できるよ」



    あ、これは
    「トレーニング」ではなく「ストレッチ」だ。



    とその時思い、僕も実践し、今日まで継続できた。







    継続できている理由は、

    普段の生活のリズムに大きな変化を与えず、

    難しい目標設定をしない事。



    即効性の無い、ダイエットや英語学習などは、

    「体重やTOICEの点数などの【結果】」に
    こだわるのではなく、

    「カロリーを抑えた日数や勉強時間などの
    【プロセス】」にこだわる。



    まず、継続を第一に考える。

    その為に目標は、
    確実にできる小さな目標を設定する。



    目標数は、絶対にどんな事があっても、
    やらなければいけないと

    プレッシャーを感じるのではなく、

    イレギュラーも考えて、完璧にこだわらない。



    できる範囲での継続を考えて動く事が、

    継続につながり、長い目で見ると

    大きな変化になる事を見据えて動く。





    「トレーニング」
    になってしまってること、
    ありませんか?

    是非「ストレッチ」
    にする努力をしてみて下さい。

     

     

     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM