セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 挑戦する精神力 』 管理部 部長 松山

0
    profile_matsuyama.jpg



    高校生3年生の時。
    僕は学校をさぼって、
    NBAのファイナルゲームを見ていました。


    シカゴブルズvsユタジャッズ



    ブルズがチャンピオンに大手をかけていた試合。

    が、残り試合時間5.2秒。
    もう、誰もが負け確定だと思っていたその瞬間。
    マイケルジョーダンが相手のボールをスティールし、
    ドリブル、相手をかわして、シュート。

    劇的な逆転ゴールが入った瞬間、
    僕は、あまりにも驚き、
    僕のお腹の上でウトウトしていた
    猫が飛び上がってしまうくらい、
    大きな声を上げて
    興奮したことを覚えています。

    この勝利でブルズは2度目の3連覇を達成しました。






    マイケルジョーダンはNBAで
    「神」と言われていた人です。
    知ってる方も多いと思います。
    数々の偉業を達成し、
    伝説をつくった選手です。

    僕がTVで見た
    「ラストショット」と言われる
    このシュートもまさに伝説。

    選手としてのセンスや
    努力もさることながら、
    やはり、彼のすごいところは、
    凄まじい精神力。

    精神力が凄まじいいからこそ、
    あの場面であのシュートが入るのだと思います。






    ジョーダンの言葉に、


    The key to success is failure
    「成功の鍵は、失敗だ」


    To learn to succeed,you must first learn to fail
    「成功しようと思ったら、
    まずは失敗することを学ばなければならない」


    というのがあります。


    そして、


    I can accept failure,everyone fail at something.
    But I can't accept not trying
    「失敗を受け入れることはできる。
    なぜなら誰もが
    何かしら失敗はするから。
    でも、挑戦しないでいることには
    耐えられない」


    とも言っています。



    失敗しても挑戦をし続ける。
    そして努力を続ける。
    それを実現するためには、
    それを支える精神力が必要だ。
    ということ
    だと思います。


    誰もが失敗はしたくないし、
    挑戦するのはやっぱり怖い。


    でも、その恐怖に打ち勝つには、
    経験や知識も必要だし
    大事だけど、


    やはり、最後は
    「よし、やってやろう」
    「なんとかしよう」
    という精神力が大事なんだと、
    改めて思います。


    ちなみに、ジョーダンは引退した後、
    大リーグに挑戦して、あまりぱっとせず、
    そのあと、またNBAに復帰をしたりと、
    彼の言葉とおり、つねに挑戦を続けています。






    僕らの会社のコアバリューは


    Believe in Your Possibility.
    自分の可能性を信じる


    です。


    ジョーダンの挑戦し続ける姿勢、
    強烈な精神力、そして
    彼の言葉から、
    僕らが学ぶべきこと、
    得るべきことがたくさんあると感じます。


    僕らももっともっとチャレンジし続け、
    もっともっと成長し続けていけるはずです。






    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM