セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『真剣勝負。』 セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

0

    セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

     
    僕は戦争映画や、いわゆる男の美学、
    男のロマン系映画が好きで
    (ロマンって死語でしょうか・・・)、
    有名どころのDVDはだいたい持っています。

    僕の人生の中で
    恐らく一番回数を見ているのが
    「ヒート」という映画で
    高額犯罪のプロ、ロバート・デ・ニーロと
    敏腕ロス市警のアル・パチーノの男の戦い。
    その戦いによって失う命や、
    様々な犠牲などの人生観を描いています。


    あと、戦争映画だと
    「アメリカン・スナイパー」
    「ブラック・ホークダウン」
    もちろん「プライベート・ライアン」も
    好きです。


    日本の武士の生き様も
    すごく勉強になります。
    敵がいつ奇襲をかけてくるか
    分からない中での生活。
    勝てるかどうか分からない戦に
    命をかけて向かう姿。


    あの、生きるか
    死ぬかのやり取り。
    まさに真剣勝負の連続です。


    それを自分の生活に置き換えた時に
    本当にまだまだぬるい。
    もっと真剣勝負をしないといけないと、
    自戒の念を込めて思います。



    時代が違うといえば違いますが、
    それぐらいの気迫と、
    危機感を持って仕事をすることは
    強い組織を作るうえで必要な事だと思います。

    今のビジネスシーンに置き換えると
    生死をかける事はなかったとしても、
    同じことを行っていると考えられます。

    競合と戦って
    自分たちのシェアを高め
    有力なパートナーと業務提携を行い。
    優秀な人材を招聘し、
    自社の戦力を高めたり。

    仕事も毎日勝負です。

    「ゆでガエル」の例え話も
    そうかも知れません。
    常に職場は熱湯で、
    知らない間にゆでガエルになる。
    なんて事はあってはいけません。

    仲間同士も常に刺激し合い、
    切磋琢磨し、ぬるま湯ではなく
    組織としても、常に熱湯を
    感じるような環境づくりをするべきです。

    朝起きて、無難に目の前の
    仕事をこなすのと
    今日も真剣勝負をする。
    と意識して行動するのと
    結果や、やりがいは絶対に違います。

    僕たちはNO.1を目指す組織です。
    今一度、毎日が真剣勝負だと思い
    仕事に取り組みましょう。


    セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜


     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM