セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『責任』セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫

0


    セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫

    昨今の日本経済市場を見ると、

    日経平均株価はここ1年で140%を超える成長率を示し、国の法人税収が大きく見積もりを上回るような好調を示すなど全体的に右肩上がりの様相であります。

     

    多くの企業が増収増益を果たし、大きく事業成長を遂げていますが、

    一方で過去最大の赤字決算を出したり、想定外のサービス低下を起こしたり、、と右肩下がりの実績を示している企業もあります。

     

    安定的に成長しており、盤石な組織体制だったのに、、まさかあの企業が?

    といった驚きの報道もいくつもありました。

     

    この差は何なのか考えさせられます。

     

    私なりの見解としては、共通している事象として

    「責任転嫁」という言葉が当てはまるのではないでしょうか。

     

    かつては、複雑な事業構造がなくシンプルな事業構造でした。

    それが今は、様々な企業の利害が絡みあうような構造と変化してきてます。

     

    また、様々な情報通信機器が発達し、結果、、現地現物を自分の目で見ていなくてもある程度の情報が気軽に手に入るし、メールなどによって対面の対話をしなくても相手の人とコミュニケーションが取れる状態となっております。

     

     

     

    その結果どうなるかというと、、

    複雑な事業構造、組織構造は他人に責任転嫁しやすくなります。

     

    あの会社がきちんと仕事をしなかったから我々が被害を被るんだ。。

    あの部署が本来はこの仕事もやるべきなのに。。

    こんな前向きなメールが来てたから、大丈夫なはずだ。。

     

    などなど。

     

     

    またこういった思想、行動が社内で巻き起こっているのに、経営者はそこに気づかない。

    目を向けきれていない。

     

    こういった事が生まれやすくなっているのでは?と思います。

     

    過去も、現在も、これからも一人一人が自分の責任をしっかりと取りきる。

     

    これが社会で成功をするための最も大事なことではないでしょうか。

     

    組織が大きくなるにつれ、一人一人が自分の仕事の責任を取りきれないのでは困ります。

     

    上司が現場任せにして、本来我々が提供すべきサービスが提供されていないのであれば、それは上司の責任であるに違いないです。

     

    自分たちで決めた会社の経営方針の責任を取りきれない経営者は無能であると言わざるを得ません。

     

     

    責任 

     

     

    というとても多く耳にする言葉ですが、その本質の意味をとらえ、どれだけの行動に転嫁できるかどうかがとても大事なように思えます。

     

    我々もしっかりと社会的責任を果たせるような企業を目指していきます。

     

     

    以上
     

    セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫


    『真剣勝負。』 セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

    0

      セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

       
      僕は戦争映画や、いわゆる男の美学、
      男のロマン系映画が好きで
      (ロマンって死語でしょうか・・・)、
      有名どころのDVDはだいたい持っています。

      僕の人生の中で
      恐らく一番回数を見ているのが
      「ヒート」という映画で
      高額犯罪のプロ、ロバート・デ・ニーロと
      敏腕ロス市警のアル・パチーノの男の戦い。
      その戦いによって失う命や、
      様々な犠牲などの人生観を描いています。


      あと、戦争映画だと
      「アメリカン・スナイパー」
      「ブラック・ホークダウン」
      もちろん「プライベート・ライアン」も
      好きです。


      日本の武士の生き様も
      すごく勉強になります。
      敵がいつ奇襲をかけてくるか
      分からない中での生活。
      勝てるかどうか分からない戦に
      命をかけて向かう姿。


      あの、生きるか
      死ぬかのやり取り。
      まさに真剣勝負の連続です。


      それを自分の生活に置き換えた時に
      本当にまだまだぬるい。
      もっと真剣勝負をしないといけないと、
      自戒の念を込めて思います。



      時代が違うといえば違いますが、
      それぐらいの気迫と、
      危機感を持って仕事をすることは
      強い組織を作るうえで必要な事だと思います。

      今のビジネスシーンに置き換えると
      生死をかける事はなかったとしても、
      同じことを行っていると考えられます。

      競合と戦って
      自分たちのシェアを高め
      有力なパートナーと業務提携を行い。
      優秀な人材を招聘し、
      自社の戦力を高めたり。

      仕事も毎日勝負です。

      「ゆでガエル」の例え話も
      そうかも知れません。
      常に職場は熱湯で、
      知らない間にゆでガエルになる。
      なんて事はあってはいけません。

      仲間同士も常に刺激し合い、
      切磋琢磨し、ぬるま湯ではなく
      組織としても、常に熱湯を
      感じるような環境づくりをするべきです。

      朝起きて、無難に目の前の
      仕事をこなすのと
      今日も真剣勝負をする。
      と意識して行動するのと
      結果や、やりがいは絶対に違います。

      僕たちはNO.1を目指す組織です。
      今一度、毎日が真剣勝負だと思い
      仕事に取り組みましょう。


      セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜


       

      『 新取締役の就任 』 セントメディア 代表取締役社長 大原茂

      0
        profile_ohara.jpg
        セントメディア 代表取締役社長 大原茂

        4月1日より
        セントメディアに
        新取締役が就任しました。

        セールスアシスト事業部
        事業部長の村上です。


        (写真右から2番目)




        彼は2002年にセントメディアに
        中途社員として入社しました。

        大学を出て、
        大手人材会社で働いていたものの、
        システマチックに出来上がって
        しまっている大手で働くつまらなさを感じ、

        何もできていない会社で、
        自らの手で仕組みを作りたいと
        当社を受けてくれました。


        「何もできていない会社て!」


        当時面接した僕は、
        そのあまりにも生意気な態度に腹が立ち、
        僕の中ではもう不合格だったので
        合格の連絡をしなかったのですが、

        本人から
        「まだ、連絡がないのですが・・・・」
        と図々しくも電話がかかってきて、
        渋々合格にしたのを覚えています。




        今考えると、
        みすみす優秀な人間を
        不採用にするとこでした。

        入社してくれてからは、
        それこそ順調に成長してくれました。

        持ち前の営業力で顧客を増やし、
        シェアを伸ばし、頭角を現しました。

        当時一番伸ばしたい
        セールスアシスト事業部へ
        異動してもらいました。

        その期待に大きく応えてくれて、
        今では当グループの中でも
        一番大きな事業部を
        作り上げてくれました。
        いわゆる実績においてはダントツなのです。




        数年前から
        彼を取締役にという話が
        何度もあがりました。

        また、本人からも
        どうしたら取締役になれますか?
        という話も何度もありました。




        が、




        僕自身は一向に
        首を縦に振ることはありませんでした。




        それなりの理由があったのです。

        当社では明確に
        「こういう結果を出せば取締役になれます、、」
        という決まりなんてありません。

        だからと言って、
        好き嫌いや
        気の向くままに決めたりもしません。




        では何で決めたのかと言うと、、


        「心技体」


        これです。

        武道や相撲道の世界で
        使われる言葉かと思いますが、
        我々はビジネス世界でこそ、
        この心技体が非常に重要だと捉えています。


        ビジネスの世界に
        心技体を当てはめると、


        「心」 精神力、心の強さ、価値観
        「技」 セールス、スキル、実績
        「体」 言動、行動、立ち振る舞い、身だしなみ


        一般的に、心、技、体は
        別個のものと捉えられがちですが、
        この心技体とは、
        それぞれがバラバラに存在するものではないのです。

        技がまだまだだから、
        それを心と体でカバーするんだ、、とか、
        技だけ鍛えればいいというものではないのです。

        三位一体となって
        初めて活きるものであると考えています。

        この3つがすべて整った時が、
        品格が備わった時だと思います。

        そうなった時が、
        取締役になってもらう一番のタイミングで、
        彼の場合は、そのタイミングが
        まさに今だったのです。




        彼の就任で
        たくさんの部下が涙をしました。

        彼の就任で
        たくさんの顧客が喜んでくれました。

        本当にありがたいことですし、
        本当に嬉しいことです。




        これからも、慢心することなく
        心技体を磨き続け、
        更なる人格者として成長してくれることを
        期待したいと思います。

        関係各位の皆様、
        どうぞよろしくご指導お願いいたします。
         
         
        セントメディア 代表取締役社長 大原茂

        『 キックオフを終えて 』 セントメディア 代表取締役社長 大原茂

        0
          profile_ohara.jpg
          セントメディア 代表取締役社長 大原茂


          4月3日に
          2015年度のキックオフを行いました。

          それを受けた、代表の大原からのコメントです。






          約500名近い社員が
          一同に集まりました。

          今は拠点が全国30か所ほどあり、
          土日も出勤している社員もいるので

          なかなか全員で会うことも集まることもできません。

          このキックオフは1年に1回、
          いつもは全国で離れている
          ”仲間”を直接体感できる

          唯一の瞬間といっても過言ではない
          社員の、本当に楽しみなイベントです。


          前期の自事業部の未達成を
          仲間で悔しがったり、
          自身の今期の飛躍を誓ったり、

          年間の表彰者を全員で称えたりと、
          ウィルグループのセントメディアを

          思い切り全員が感じる瞬間なのです。





          前期に関しては、
          僕自身大きく反省する点がありました。


          採用の部分で、
          想定通りには人が集まらない状況があったのですが
          それは、窓の外(外部環境)に影響されていると
          感じていたものの、

          現実的には窓の中(社内環境)に
          大きく課題があり、
          解決に後手に回ってしまっていた
          ということがありました。


          そうした想定外を常に頭に入れ、
          二の矢、三の矢、四の矢まで
          手を打っておく事が

          非常に重要であると感じた一年でした。

          また、人が足りない→ご紹介するという
          供給価値だけを
          提供する会社になるのではなく、

          マネジメント価値を提供し、
          選ばれ続ける人材会社になろうと
          改めて共有しました。


          更に、企業として増収増益は当たり前、
          そこに増率を加えたこの3つの軸を追い続け、

          1人1人の生産性を圧倒的に高めていく経営が
          改めて重要であると再確認できました。


          社員の定着率を高め、
          知識経験を増やし、
          個人スキルを徹底的に高め、

          高く掲げた目標をクリアーにしていく。

          さらには組織もハイブリッドに変化させ

          生産性を高めていかないと、
          それこそ東証一部の上場企業の中で末席のままです。



          振り返れば、今期で20期です。


          東証一部にも上がり、
          優良派遣認定も取り、
          働きがいある企業ランキング(GPTW)にも入り、


          なんだかこのまま
          中途半端な安定企業になって行きそうで
          非常に危機感を持っています。


          自分たちのサービスに
          こだわってこだわって、
          そして尖りまくって、

          できなかったことは常に自分たちに矢印向けて、
          常に上を目指して餓えつづけ、
          誰よりもハングリーに、
          そしてどこよりもクレイジーに

          事業成長していきたいと思っています。

          キックオフが終わったあとは、
          いつものようにドンちゃん騒ぎ。

          たくさん社員の笑顔をみていると、
          この笑顔を見るために僕は経営をしているのかな、、と

          思ってしまいます。

          そして、何よりも自分自身が
          これ以上のない笑顔になっていると感じます。






          以前、
          ここに「自分の決め」として
          全体キックオフは
          全体達成しないとやらない、、と

          決めたと書きました。

          でも、今回改めて
          キックオフの価値を考え直し、
          結果によっての
          やるやらないという判断はやめました。


          自分達は最高にやりきった、
          そしてそれを褒めてほしく、
          また誰かを褒めたく、
          そして刺激し合うために

          この全体キックオフがあるんだと感じました。




          本当にこの瞬間を
          みんなが楽しみにしてるんだと

          改めて思いました。

          だからこそ、来年のこの瞬間を
          最高に褒め称えられるようにも

          今期もハングリーに、
          クレイジーにやり切りたいと思います。







          今後ともご指導ご鞭撻を
          お願い申し上げます。




          セントメディア 代表取締役社長 大原茂


          『 内定者 』 セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫

          0
            profile_murakami.jpg
            セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫

            3月中旬となりました。
            もうすぐ4月を迎えます。

            4月には80名ほどの
            新卒社員が入社してきます。
            今は各部・各社において
            事業部研修を行ったり、
            先輩社員との顔合わせなどをしている頃です。

            ちなみに先日、
            ある事業部の研修において
            研修実施前に内定者に対して
            ある課題を出させてもらいました。

            その課題は何かというと、
            「これから社会に出るにあたり
            働くとはどういうことか?」
            「給料をもらうとはどういうことか? 」
            を当社と関係ない経営者に
            インタビューさせてもらい、
            その話を受けて
            自分なりに導き出した答えをプレゼンせよ。

            という課題です。




            お題から発表まで
            期間も1カ月弱程度でしたが、
            各々が自分なりの活動をしてきてくれました。

            好きなフリーペーパーの発行経営者に
            突然のテレアポして
            大阪から岡山まで行ってきたり、
            ある者は、とにかく数をこなすべきだと
            10名くらいの方に話を聞いたり、
            どうしても見つからない者は、
            今まで真面目な話などしたこともない
            自分の親戚の方に話を聞いてみたり、、

            個々の努力をし、
            そしてアウトプットしてもらいました。

            パワーポイントや口頭で
            発表してもらったのですが、、

            自分で事業を打ち立てている
            経営者達の話は、
            建設や飲食、出版、ネットなど
            分野は違えど、
            共通している点が非常に多かった。
            聞いていて、そう感じました。




            働くとは、辛いことが
            たくさんあるものだ。
            でも、なりたい自分になるためや、
            やりたいことを行えるようになる
            成長手段でもある。

            給料とは、他人や会社から
            与えてもらうものではない。

            顧客や社会や会社に成果、
            利益貢献し、その対価として
            自ら得るものだ。
            何なら自分の給与額は
            自分で決めたらいい。

            といったものです。






            これから社会に飛び出そうとする
            内定者にとっては、
            とても大きな気づきだったろうなと思います。
            また我々も改めて、目的意識を持って
            動いていく必要性を感じさせてもらいました。

            人それぞれによって、
            自分なりの働く目的は違えど、
            自分なりの目的を見失なうことなく
            日々の仕事に向き合ってほしいと思っています。

            セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM