セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『すべての問題は窓の中にある』 代表取締役社長 大原

0
    profile_ohara.jpg




    2011年下期のキックオフを行いました。
    上期計画に関しては達成はしていますが、
    自分たちが目指している未来からは、
    まだまだ差があります。




    この差を縮めていくことが経営の醍醐味であり、
    自分自身の使命だと考えています。




    経営者としてまだまだ未熟ですが、
    最近つくづく感じることがあります。
    すべての問題は窓の内にある、、、と。




    市場が伸びようが低迷しようが、
    ある程度の市場規模でビジネスを展開しているのならば、
    自社が伸びるか、伸びないかは、窓の内の問題です。




    特に私達の人材ビジネスにおいては、
    その窓の内にあるものでいうと、
    「人と組織」にあたる部分が多いと思います。




    社員がどれだけ仕事に
    【誇りと責任】を持てているかが凄く重要であり、
    その【誇りと責任】を持つためには、
    仲間に対して、サービスに対して、会社に対して、
    の信頼が必要となってくると思います。




    その部分を活性化し、高めていくことが、
    窓の内の問題解決の一番の大きな要素だと思っています。




    仕事に関していうと、
    全員がクリエイティブな仕事をしている訳ではありません。
    単純なルーティン業務を繰り返すケースも多々ありますし、
    そういう社員は多いかもしれません。
    業務だけを見たら、毎日の業務が点のような業務です。




    しかし、
    その点の業務は、必ず会社が描く未来に向けて伸びる線なのです。
    1、2年ではなかなか結ばれないかもしれませんが、
    必ずや、未来と結びあう線になるのです。




    自分が作った点を仲間の誰かが線にしてくれるかもしれません。
    過去に作った誰かの点を、自分が今、線で結ぶかもしれません。




    そうやって、どんどん線を伸ばし、線を結び、
    会社と言うのは、成長して行くものです。




    私達の過去の先人達が
    今まで沢山の点を作って来てくれたおかげで、
    最近では様々な線が結べました。
    沢山の社員が線を作ってくれています。
    社員達がそうできることが、仲間に対して、
    サービスに対して、会社に対して信頼を作り、
    仕事に【誇りと責任】をもてるように
    なれるのではないかと思っています。




    過去の点を線にする。
    未来への点を作る。
    凄く凄く重要な業務だと思っています。




    だからこそ、今、目の前の点の業務を集中してほしいと思います。
    脇目も振らず集中してほしいと思います。
    中途半端な仕事をしていても点なんてできません。
    極めるほど集中して、拘ってやるからこそ大きな点になるんです。




    自分自身で点と点で線を結べる人間に、、
    そして、仲間の点を自分が線を結べる人間に、、
    さらには、仲間のために点を作れる人間になってほしいと思います。




    窓の外がどんな状況であろうが、、
    そんな人材を創り上げていくことが、
    窓の内を解決していくことになると思っています。




    すべての問題は、窓の内にある。
    常に自分に言い聞かせながら、経営して行きます。










    『機会』 CC事業部 事業部長 坂本

    0
       profile_sakamoto.jpg




      会社をよくするためには何が必要でしょうか?




      答えは、自らの成長です。




      「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
      有名なリクルートの経営理念です。




      僕はこれをいつも自分の心に留めて自らの成長に発破をかけています。




      毎日のルーティンにはない、
      目の前にはない機会を自ら能動的に探しだす、もしくは創りだす。
      そして、その機会を形にしていくプロセスで自らを成長させる。




      その機会とは、
      サービス開発でも、
      新規事業でも、
      新プロジェクト発足でも、
      何でもいいと思います。




      ただ、機会はたまに、向こうからめぐってくる場合もあります。
      伸びているドメインを選べる時もそうでしょうし、
      成長しているクライアントに恵まれているとき。
      法改正があったときなど。
      もしくは、成績がよく上司から認められ昇格したり、
      新規事業、新出店先を任されるとき。
      機会が空から降ってくる、
      もしくはそこにある時があります。
      ただ、それらの機会はあくまで受動的であって能動的な機会ではありません。




      この能動的というのが、僕は重要だと思います。
      能動的にアクションを取るためには時間や仕事を自らコントロールし、考える時間を確保する自制心が必要でアウトプットする行動力や勇気、周りを巻き込むコミュニケーション能力が必要です。




      能動的に考えたり、能動的にアクションを起こす習慣を身につけている人はどんどん進化、成長していきます。
      この習慣を持っている人が多い組織は、
      組織もどんどん進化していきます。
      こんな組織にしたいと思います。




      「現状維持は衰退である」




      今提供しているサービスは、過去に誰かが考えた過去のものです。
      今のオペレーションも過去のものです。
      時に化石のようになっている場合もあります。
      それに気がつき、その進化を遂げるプロセスを機会と捉えどんどん取り組んでほしいと思います。




      だから、僕が自分が考え付いていない新たなことを提案してくれたり、勝手に実行してくれていたりすると非常にうれしく思います。




      常に進化するために、常にクライアントに選ばれるために常に自らを、組織を成長させる機会創造に僕自身も取り組みたいと思います。










      『人事配置』 取締役 SA事業部 事業部長 告野

      0
        profile_tsugeno.jpg




        会社の経営において、誰にどんなポジションを与え、何をさせるか?
        って非常に重要ですよね。




        僕達の会社は、人が最大の経営資源と考えています。
        その経営資源を最大限に生かす事が会社を成長させるし、
        個人の成長にも繋がります。




        人というのは、向き不向きもあるし、
        得意分野もあれば不得意分野もあります。
        なかなか完璧人間はいませんよね。




        そこで『個人の特性を把握する事』が、
        非常に重要だと思っています。




        なかには、
        ・自分の力が発揮しにくい環境にいる人物
        ・上司や同僚とうまくあっていない人物
        ・仕事に飽きていて刺激がない人物
        ・しゃべるのが苦手なのに営業マンしている人物




        決して、甘やかす人事配置(異動)はしませんが、
        その人が実際に能力があるのに、
        その能力が発揮しきれていないだけかもしれません。




        経営していく上では、この辺りを日頃の仕事ぶりを見て、
        きっちり見極める事が大事だと思います。
        日頃から見ておかないと、その人物が、どんな判断をするのか? 
        どこまで努力しているのか? どんな資質があるのか? 
        を見極められないはずです。




        会社の事業戦略上の変化や市場の変化に対応する時に、
        この個人の特性を把握していると、
        抜擢人事や新たなポストに人事配置できると思います。




        この人事配置が、成功すると、個人も会社もハッピーですからね。









        『賞』 取締役 OM事業部 事業部長 渡部

        0
          profile_watabe.jpg




          セントメディアでは毎月、
          その月一番活躍したと思われる社員を各事業部の部長が推薦し
          社長や役員も参加する幹部会議で全社No1のMVP賞を決定する。。



          この賞に選ばれるのは毎月たった一人しかおらず
          輝かしい成績を残した者だけに贈られる、とても誉れな賞だ。



          そのMVP賞とは別にもう一つ、毎月決まる賞がある
          それが社員推薦賞。。




          これはMVPとは違い、全社員が直接社長宛に、
          「●●さんは、こんな風な活躍をしています!」とか、
          「▲▲さんの、こんな努力は凄いと思います!」とか、、
          自分の周りで日々頑張っている仲間たちを推薦する。




          そして、その推薦数が一番多かった社員が、
          その月の社員推薦賞に選ばれる。。



          この社員推薦賞も原則月に一人しか選ばれない(たまに
          同点一位の場合もあるが)、とても価値のある賞だ。。



          たまにMVPも社員推薦賞もダブルで受賞するケースもあるが、
          殆どの場合は別の社員が受賞する。。




          上司から評価されるMVP、仲間から評価される推薦賞。。
          どちらもとても素晴らしい賞だ。と私は思っている。。




          でも、、できれば、
          もう一つ賞があればよいな・・・




          と実は思っている。。




          それは、、お客様からの評価賞。。




          お客さんの期待に応えようと、
          日々、お客さんの喜びや笑顔のために、
          一生懸命がんばっている彼ら、彼女らが、




          「●●さんは、こんな風に頑張ってくれているんですよ!」
          「▲▲さんが担当で本当に良かったです!」




          そんな、お褒めの言葉をいただけ、
          それを仲間たちが賞賛しあえたなら、、
          とても嬉しい、最高の賞になるんだろうな。。。




          と、いつも妄想しています。(笑)




          でも、、きっと




          MVPに選ばれる者も、社員推薦賞に選ばれる者も
          どちらも、、日々お客さんに接する中で、
          お客さんから評価されているに違いない、、




          ありがたい言葉や、お褒めの言葉をいただき、
          そのたび喜び、笑顔になっているに違いない。




          と思う、、今日この頃でした。。(笑)




          imagesCAPLQ3VV.jpg





          『コーディネーターに必要な事』 SA事業部 部長 松山

          0





            profile_matsuyama.jpg




            中途、新卒採用をさせていただいている中で、
            よくいただく質問があります。




            それは、「人材コーディネーターに必要なスキルって、
            何でしょうか?」というもの。




            人と接する仕事なのでコミュニケーション能力が
            重要なスキルのひとつになります。
            ただ、コミュニケーション力といっても、
            とても定義も広く、人によって、定義も違います。
            個人的には、コミィニケーション力=相互理解をする力、
            と考えています。




            つまり、相手のことを受け入れる力と同時に、
            自分のことを受け入れてもらう力。
            この2つの力が相手との距離を縮め、関係を作り、
            信用、信頼関係を作っていくと考えています。




            そしてたくさんの人を遠隔でマネジメントして、
            スタッフさんと関係を作っていかないといけません。




            そこで重要なのが、「人から嫌われない力」です。




            つまり、10人の人がいたら、
            5人が自分のこと大好き、残りの5人が自分のこと嫌い、
            では、コーディネーターは務まりません。




            10人いたら、9人は自分のこと嫌いじゃない、
            くらいじゃないと遠隔でのマネジメント、
            関係構築は難しいと考えています。
            10人とも自分のこと大好き、が理想ですが、
            人間、それは正直なかなか難しいことだと思います。




            でも、自分のことを大好きじゃなくても、
            好きになってもらう、嫌いじゃない、と思ってもらう。
            そういう「自分を受け入れてもらう力」がとても大事ですし、
            それがないとコーディネーターはできないなと、
            この仕事をしていて感じています。




            信用関係を築くために、
            相手の話を聞き、受け入れることはもちろん、
            自分を受け入れてもらう力も必要です。




            それがスタッフさんをポジティブにする、
            重要なスキルだと思います。












            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM